【会間交流報告】アイスクライミング体験

  • 実施日 2015年1月25日(日)
  • 場所  善五郎の滝(乗鞍高原)
  • 参加者 8名(小松1名・めっこ3名・でんでん虫4名)
  • 主管  でんでん虫倶楽部

恒例となったでんでん虫倶楽部主管のアイスクライミングは、都合で欠席になった方が数名いましたが、全体で8名の参加者でした。善五郎の滝は、乗鞍高原スキー場休暇村ゲレンデ駐車場から15分程歩いた所にありたいへんアプローチがよく、スノーシューハイクのコースにもなっています。この日の善五郎の滝は、左側は凍っている部分はあるものの水がゴーゴーと勢いよく流れ落ちていました。右側は凍って登れる状態でした。また、小滝も登れる状態でした。

天気が良かったわりに他グループは1つのみでした。初体験の人も怖いと言いながら登り、よい体験が出来たと言っておられました。他の皆さんも氷にアイスアックス(アイスクライミング用ピッケル)、アイゼンを効かせて楽しめたようでした。種類の違うアイスアックスを使い比べてみる人もいました。参加者も少なく貸切状態だったので、1人3~4本登ってもう十分といった感じになり終了にしました。

この日、参加者は衝撃的な場面に遭遇してしまいました。他グループの2人組が1本目に小滝を登る開始早々でした。トップが終了点に着きロワーダウンで下降し始めましたが、パートナーと意思疎通がされていなかった様でパートナーはビレーしておらず、トップは後ろ向きのまま約10m下まで落ちてしまいました。最初かなり苦しんでいましたが、労山メンバーも駆け寄り墜落者の下に銀マットを敷いたり寒くないように服をかけたりしました。それから少し痛みが治まってから奇跡的に立って帰る事が出来ました。

この事故を目の当たりにし、改めてパートナーとの意思疎通の大切さ、最低限下降する前に「テンション」とパートナーに声をかけ、確認してから下降する事の必要性を実感しました。事故に遭われた方がその後大事に至っていない事を祈るばかりです。

※事故に遭われた方は、無事お帰りになられたとのことです。お怪我はされましたが、ご無事だそうです。ご快復を願っております。

アイスクライミング

Follow me!