第22回講習会報告書と次回開催日

遅くなりましたが、第22回の机上・実技講習会のご報告です。


————————————————————————–
◆次回開催日時

机上講習会:2019年12月8日(日)
実技講習会:2020年1月25日~26日(土・日)
————————————————————————–

*募集はWEBより初秋を予定しております。

来期も皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

実技講習会 受付/会場/駐車場

いよいよ実技講習会が今週末に迫ってまいりました。

初日の会場を再度お知らせ致しますので、ご確認願います。

特に、初めての方はお間違いの無いようお越しください。雪の壁がある場合、駐車場入り口がわかりにくいかもしれません。

 

◆会場(Google地図)

大山農山村交流センター 兼 立山山麓極楽坂スキー学校

黄色と緑屋根の大きな建物施設です 。この前に大駐車場があり、こちらに駐車して下さい。

受付は7:00~ 開講式は7:30~
開講式は、この建物の1階の外の一角で行います。
ご参考までに

実技講習会

まずは、極楽坂スキー場(駐車場)を目指してお越しください。

立山山麓スキー場(あわすの、らいちょうバレー、極楽坂)の、極楽坂になりますので、お間違えのありませんよう。

◆防寒

実技初日は旧金山ゲレンデ上で行います。
雪穴掘り等で動きもありますが、特別講師より講義を受ける時間等は動かない状態が続きます。寒いです。
吹雪く場合も想定されますので、防寒対策を十分にされてきてください。

北陸雪崩事務局

実技講習会のご案内と各コース別事前課題/実施要綱

2019年1月26日、27日に開催されます

「実技講習会のご案内」と「各コース別事前課題・実施要綱」をアップ致しました。ご確認ください。

事前課題は各自プリントアウトをしていただき、当日までに記入されご持参下さい。

実技講習会には、記入原紙とそのコピーをお持ちください。

ご不明な点は、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

実技講習会のご案内

▼事前課題

▼基礎コース

事前課題
実施要綱

▼バックカントリーコース

事前課題
実施要綱

▼雪山登山コース

事前課題
実施要綱

▼コンパニオンレスキューコース

事前課題
実施要綱

実技講習会2018の様子をアップしました

ご報告が大変遅くなりましたが、1月27日、28日に行われました実技講習会の様子をお届け致します。

 

【実技講習会のご報告】

【27日/初日】

1日目は旧金山ゲレンデ山の上で、一日中雪が降り続く、とても寒い実習日となりました。
今年から特別講師のお話は、班別少人数で受講できる体制をとらせていただきました。

*下記は基礎コースの内容です。

●実技講習開始(午前)
(1)断面掘り出しと観察・講義(斜面・雪庇) ※飯田先生
・染色による積雪の観察(特に巻き込み・空隙認識)
・積雪内の温度勾配の確認
・断面の記録
(2)弱層テスト・断面観察 ※各班講師
・シャベルコンプレッションテストの方法、断面を観察し、結果からの状況判断

●実技講習開始(午後)
※各班講師
(1)プロービング説明・練習
(2)ビーコン捜索練習

●立山青少年自然の家(夜)
机上講習 (事前課題のディスカッション) /飯田先生、各班講師

 

***

【28日/2日目】
2日目は立山青少年自然の家の周辺で実習、戻って室内で講義でした。

●実技講習(外)
(1)埋没体験
(2)初動捜索練習(ビーコン捜索→プロービング→掘り出し)
※複数捜索・実践的に一連の流れを通して実施。反復練習

●実技講習(室内)
机上講習/ 飯田先生
・天気と雪質、雪崩との関連性について(天気予報から推測できること)

 

****************

参加者の皆さま、机上から実技まで大変お疲れ様でした。

実技は大雪のため、初日早朝、高速道路が一部通行止めになる、立山青少年自然の家までの林道の車規制等、諸々想定外の事がありましたが、受講生の皆様のご協力で結果的には今年も無事に終了することができました。
(ご迷惑をおかけした点、申し訳ありません)

 

今年は新・特別講師陣をお二人お迎え、スタッフも新体制となり進めてまいりました。
閉講式でも少し触れましたが、特別講師の先生方は雪崩に関して大変素晴らしい実績、第一人者と言われる方々です。次期も講義をしていただきます。

●飯田 肇 先生/富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長、富山県主幹
●島田 亙    先生/富山大学理学部 准教授 雪氷学・結晶成長学・表面物理学

(*写真は各サイトより借用)

雪崩講習は繰り返し学ぶことにより実践に活きてきます。
リピーターとして、また来年もご参加をお待ちしております。
今回残念ながらキャンセルされた方々も、初めての方も、是非お申し込みをお待ちしております。

 

厳冬期真っ只中、くれぐれも雪崩事故に巻き込まれませんよう、皆さまお気を付けて美しい銀世界をお楽しみください。
2018年北陸地方雪崩講習会のご参加、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

(北陸雪崩事務局/K崎)

 

FFの場合はチェーン装着を

【FFの場合はチェーン装着を】

~受講生の皆さまへ~

今週末の実技講習が2日後に迫ってまいりました。

事前課題の進み具合はいかがでしょうか?
記入の後、原本とコピー(合わせて2部)をお忘れなくお持ち下さい。
スリッパ等の内履もお忘れなく。(施設内の足元は非常に冷えます)

———————-

【重要・注意】

●FF車は必ずチェーンを
FF車の場合は、必ずチェーンを装着してお越しください。(上り坂等で立往生が発生しております)

●相乗り
駐車場の除雪・台数の関係で、できるだけ知人同士の方は乗り合わせてお越しください。

●立山山麓極楽坂スキー場
初日の集合場所は、立山山麓極楽坂スキー場です。国立立山青少年自然の家(立少)ではありません。

●遅れる場合は早目のご連絡を
道路状況が悪い場合もありますので、余裕を持った行動でお願いします。
受付までに遅れるようなことがありましたら、早めに電話でご連絡願います。

それでは当日現地にてお待ちしております。
お気をつけてお越しください。

———————-
北陸雪崩・事務局