2017机上講習会を行いました。

1月22日(日)、松任総合運動公園体育館集会室にて第20回北陸地方雪崩講習会/机上講習会が行われました。
受講生27名、講師スタッフ陣17名
今年の特徴は、参加者の半分近くが女性です。19歳の男性も初参加。
午前中は、
特別講師の川田先生の机上講義です。

雪崩を起こす雪やその特徴・形成のメカニズム、雪崩が発生しやすい地形、雪庇、気象、断面観察の記録など。
“雪崩事故を防ぐための講習会テキスト”を基に講義していただきました。

お昼を挟んで、午後からは実技も。
まずは集会室にて。
初動捜索(ビーコン捜索→プロービング→掘りだし→梱包→搬送)までの流れを、説明を加えながらDVDをみていただきました。

その後、実際にビーコン、プロービングの練習を屋外でする予定でしたが、この日は悪天により室内に変更して行いました。

実技を終え、再度机上にて、アバランチギア (ビーコン・プローブ・スコップ)について説明をし、一日の予定を終了しました。
受講生の方には、次回の実技講習会に持参していただく「コース別課題」の提出があります。
皆さん、がんばって用紙を埋めて来てくださいね。
机上講習会、お疲れ様でした。
来月はいよいよ実戦として、富山@立山山麓にて実技講習会を行います。

 

 

20周年記念ステッカー★断面観察シート

20周年記念ステッカー 断面観察シート

机上講習会が今週末に迫ってきました。

雪やお天気が少々心配ですが、例年通り、安全に楽しく開催できたらと思います。

さて、今年は20回目の節目となるアニバーサリーの年です。
ということで、受講生の皆さまにもれなく
『20周年記念ステッカー★断面観察シート』を机上当日プレゼント致します。
受講生の方は、来月の立山@実技講習会の実践で使いますので、忘れずにご持参ください。

 

明後日、白山市の会場は駐車場が混み合います。朝は余裕を持った行動でお気をつけてお越しください。

それでは、会場でお会いできることを楽しみにしています。